小児歯科

小児歯科について

私たちの願いは「子供たちが、一生自分の歯で美味しくご飯を食べ、健やかに成長できる事」です。
お口の中の健康から、子供たちの支援をしてきたいと考えております。

その為に、保護者の方々に少しでも多くの歯科知識を持ってもらい、子供たちの健康について一緒に考えていけたらと思っております。

初診の内容

①お口の中の状態を調べるため、お口の中の写真やレントゲン写真を撮ります。
これらは将来のお口の成長の為に、大切な資料となります。

②虫歯やその他の異常があれば、今後の治療方針をお話します。

③フッ素の重要性やシーラント、食事・間食の取り方、ブラッシングのアドバイスをし、歯を健康に保つための役立つお話をします。

フッ素とは

①歯質の強化
②再石灰化の促進
③ミュータンス菌の働きを弱める
などといった効果があります。

年齢に応じてご家庭で使っていただきやすいフッ素含有のスプレーやジェル、歯磨剤のご紹介をします。また、歯科医院でのみ塗布できる高濃度のフッ素塗布も定期的(3ヶ月に一度)にすることをお勧めしています。

シーラントとは

2歳半~3歳で乳歯は生えそろいます。
乳歯も永久歯も生えたてが一番虫歯になりやすく、中でも歯ブラシの先も届かない歯の溝

から虫歯になることがとても多いです。
その溝をフッ素含有の樹脂で埋めることによって虫歯を予防する方法がシーラントです。
3歳ぐらいから上手にできる簡単な処置ですので積極的な虫歯予防をしていきましょう。

治療のスタート

今日の治療内容を事前に説明し、診察室にご案内します。
保護者の方も一緒にお入りいただけますので、子供の不安も軽減されます。

次回以降は、保護者の方のご希望や、その子の年齢や性格を考慮し、同席していただくかを決めます。

子供たちは、口の中に水が入ってきても溜めて置くことが難しく、口呼吸をしようとしてもなかなかうまくできません。子供の状態を常に確認し、意思疎通しながら治療をしていきます。できるだけ恐怖心を抱かないように配慮します。

健康な大人にとっては、小さな虫歯の1~2本は病気のうちに入らないかもしれません。しかし、成長発育の途中にある小さな子供たちにとっては、「歯」の存在意義が違います。
歯の病気の影響も大人と比較にならないほど重大です。
もし、おかあさんが「子どもの虫歯は、はえかわるからほっておいても良い」と思っているのでしたら、一生虫歯で苦しみ続ける事になるかもしれません。
逆に「乳歯を大切にすること」「子どもの歯さえ虫歯にしないように」と、こんな簡単なことに気が付いていただければ、あなたのお子さんは永久歯の虫歯に泣くことは、まずありません。

2~3才の子供が、泣かないで虫歯の治療をうけるのは無理かもしれませんし、お母さんも子供のいやがる様子を見るのはつらいかもしれません。
いかし、定期的な受診で虫歯ができていないかチェックし、必要な治療を受けていく事で、子供自身が「歯」の大切さを知り、一生自分の歯で美味しくご飯を食べられるとしたら、それにこしたことはないでしょう。