虫歯

●虫歯になる原因は?

口の中には約300種類の虫歯菌がいますが、その中で虫歯になる虫歯菌の数は10数種類といわれています。その虫歯菌が歯の表面についた塊が「歯垢」とよばれるものですが、その虫歯菌のエサになるのが砂糖です。砂糖は分解すると「酸」が出てきますが、この酸こそが歯の表面の硬いエナメル質を溶かして「虫歯」にしてしまうのです。

虫歯菌は、さらに歯の内部の象牙質という部分まで入りこんで、虫歯を進行させます。

 

 
●子供と虫歯

お母さんのおなかの中にいる時は、胎児と呼ばれますが、この胎児の時の口の中には虫歯菌はいません。

生まれた瞬間から私達人間は様々な「菌」にさらされることになりますが、虫歯菌の勢力が決まるのは、だいたい2歳~4歳の間と言われています。

また、菌の中でも「ミュータンス菌」という菌は、健康な歯が虫歯になる初期の段階から関わってくる厄介な菌ですが、幼児期にこのミュータンス菌を口に入れないようにすると、虫歯になりにくくなります。この幼時期の歯の健康が後の人生における「虫歯菌」の数を左右しかねないといっても、過言ではありませんね。

 

乳歯はやがて永久歯に生え換わりますが、乳歯の時に虫歯を放置していると、口の中の菌が増えてしまいます。また、乳歯が虫歯になって抜けると、両側の歯が抜けた側に寄ってきて、その狭いスペースに後から永久歯が生えるため、歯並びも悪くなってしまいます。

歯並びが悪いと磨き残しが多くなるため、虫歯になってしまう…という悪循環になります。

 

食べたら磨く「歯磨き習慣」をしっかり身につける事と、定期的に歯医者さんに虫歯がないかチェックしてもらったり、「フッ素」を塗ってもらうなども良いでしょう。

 
●フッ素って?

酸に負けないように、歯を強くしたり、歯垢の中の虫歯菌に作用して、虫歯の進行を防ぐ働きをしてくれます。つまり、歯の強い味方になってくれるのです。

 

 

●正しい歯磨き習慣

虫歯の対策として一番大事なのは「歯磨き」です。

虫歯の栄養分となる糖分を口の中に残さないようにするのと同時に、虫歯菌のすみかとなる「歯垢」を少なくする効果もあります。

 
●では、いつ歯磨きをするのがいいのか?

1日3回、毎食後に磨きましょう。歯ブラシで磨けないときなどでも、口腔洗浄液で口をゆすぐ事でも効果はありますので、できるだけ口の中を清潔に保てるようにしましょう。

 

●寝る前と起きた時の歯磨き

寝ている時の唾液の量は、起きている時の3分の1。唾液が少なく乾燥している口の中は、虫歯菌の恰好の活動時間帯・繁殖場所となるのです。

朝起きた時に口の中の菌を歯磨きでし、きちんと洗い流し、体の中に入れないようにする事で、虫歯菌の活動を効果的に抑えられます。

 

●1回の歯磨きにかける時間は?

約5分が理想的です。大切なのは、力を入れ過ぎない事。力を入れ過ぎると歯が削れてしまいます。特に歯の付け根の部分はエナメル質が薄くなっていて、すぐ内側には「象牙質」と言われる部分になっていますが、エナメル質に比べて弱く、傷つきやすい部分なので注意してください。

 
●歯ブラシの持ち方

鉛筆を持つように軽く持って、弱い力で「シャカシャカ」程度に歯ブラシを往復させて磨きます。

電動歯ブラシも効果的ですが、歯ぐきに長時間あてると歯ぐきを痛めてしまう事もあるので、取り扱いにはご注意ください。

 

03-6450-0045
電話での予約受付
月〜金
 午前9:30~13:30 午後15:00~20:00
土・日
 午前9:00~13:30 午後14:30~19:00
【診療メニュー】
一般歯科、矯正歯科、根の治療、予防歯科
審美歯科、小児歯科、歯周病治療、入れ歯
口腔外科、インプラント、ホワイトニング

大森町駅前歯科はよく説明する歯医者です。
100年後も地域のみなさまに愛される医院を目指します。

【住所】
〒143-0015 東京都大田区大森西3-21-13 池田ビル1階
最寄駅 京急線「大森町」駅より徒歩1分

【大森町駅からの行き方】
京浜急行大森町駅改札を出て、右折
TSUTAYAさんを正面に見て1本目の路地を右折し、直進します。
70mほど進むとピンクの池田耳鼻咽喉科様が見えます。
そちらのビルの1階が大森町駅前歯科です。
【診療時間】
月〜金
 午前9:30~13:30 午後15:00~20:00
土・日
 午前9:00~13:30 午後14:30~19:00
休診日:祝日(事前の休診日についてはお知らせいたします。)